MOMOブログ

ポケモン、食べ物が中心の雑記ブログです。

にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村

現代版の桃太郎をMOMOが考えてみた。その5

どーも、MOMOです。

 

現代版の桃太郎をMOMOが考えてみた。その4 - MOMOブログ

の続きです。

 

【現代版の桃太郎をMOMOが考えてみた。その5】

 

犬美ちゃんが泣いているのを見て、雉菜ちゃんが心配して駆け寄って来ました。

 

雉菜「いぬみちゃん、どうしたの?」

犬美「なんでもない。あっちいって!」

雉菜「でも…ないてるじゃん。」

犬美「うるさい!あっちいって!」

雉菜「しんぱいしてるのに…。」

犬美「うるさいなぁ、かんけいないじゃん、あんたに」

雉菜「かんけいないってひどいよ…。」

犬美「いいから、はやくあっちいってよ」

 

と、こんな感じで心配して駆け寄ってきた雉菜ちゃんに対して「あっちいって」と繰り返す犬美ちゃん。

 

雉菜ちゃんは渋々離れていきました。

桃太郎は横でただただ傍観するばかりで、どうしていいか分かりません。

 

実は、雉菜ちゃんも桃太郎のことが好きだったのです。でも、雉菜ちゃんは犬美ちゃんほど積極的ではないのでなかなか桃太郎と一緒に遊ぶことができないのです。

 

犬美ちゃんと雉菜ちゃんの気持ちなんて全く分からない桃太郎は『みんなと楽しく遊べればいい』としか思っていませんでした。

 

少し時間が経ち、犬美ちゃんもちょっと機嫌がなおったところで幼稚園を帰る時間になり、桃太郎と犬美ちゃんはバイバイしました。

 

幼稚園にお迎えに来た桃子と帰ろうとしたら、幼稚園の入り口に雉菜ちゃんが待っていました。

 

雉菜「ももたろうくん、きょうはなんかごめんね。あしたもいっしょにあそんでね。」

そう言うと、雉菜ちゃんはちょっと恥ずかしがりながら走り去ってしまいました。

 

桃子「桃太郎、今日雉菜ちゃんとなんかあったの??」

桃太郎「よくわからない。」

桃子「そう。ケンカはしちゃダメよ。」

桃太郎「うん。」

桃太郎は本当によく分からないようでしたが、いつもの無邪気な笑顔で答えてくれました。

 

桃子と桃太郎は帰り道にスーパーに寄って、今日の夕飯の材料と太郎の大好物のしめ鯖を買って帰りました。

 

その6に続く。